親子エピペン講座 リポート①

LFA親子エピペン講座。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
 

エピペンを使って

今回の参加者は、小学生2年から5年までのこどもたちと、保護者の方。その他、参加したお子さんの学校の先生も参加してくださいました。
とてもありがたいことです。なんでしょう。すごく嬉しい事ですね。
最初に看護師より プロジェクターを使いながら エピペンについての知識(ファイザー製薬提供分)のおさらいをしました。
もちろん知っていることもありますが、今一度、打つタイミングについて表をみて確認したり、トレーナーを使って持ち方の練習などをしました。
次に習ったあとは、親子でペアになって打つ練習。座って打つ。ねっころがってもらって 打つ。

トレーナーを使って

思っていたよりも、みんなうまい!そしてわかったこと。
年齢が上の方が 恥ずかしさなどが先にたつと予想していましたが、大ハズレ。
ちゃんと、正しい場所にトレーナーを当てて練習ができました。どうして打つのか、理解できる年齢だからでしょうか。感心しました。低年齢のこの方が恥ずかしいと中々できない場面もありましたが、先生にも練習を実際にしてもらうことができました。しんどくて動けないバージョン。暴れるバージョン(暴れる少年役を引き受けてくれた子もいて、どうやって押さえると動きを止めて注射を打てるかなど、実際にできてよかったです)予想よりもみんな優秀で、後半は交流会となりました。エピペンの保管場所、アイデア、周りの人にどうエピペンについて話しておくかなど、それぞれの話を聞くことができて私もとても勉強になりました。定期的に行っていきたいと思います。

正しく持つ、実際に持ってみるのが大事です。

今回参加できなかった方もぜひ、次回ご参加くださいね♪今回初めて親子講座をして、もっと、こどもたちに、【どんな時に必要なんだよ】と伝わるように、想像しやすいように、次回は工夫をしようと思います。修学旅行や、林間学校など注意することや、高学年だけでなく、低学年の子たちの心をキャッチできる内容、今からワクワク♪準備中です。それと、同じような境遇のこどもたちが出会う場でもありたいと思いました。次回は9月頃を予定中です。今回参加された方も、初めての方も、学校の先生もお待ちしております。